ps2:大神 PlayStation 2 the Best

大神.jpg大神 PlayStation 2 the Best 動画を見る 
発売日は2006/12/14 です。

 このゲームには僕等が忘れてはいけないものが詰まってるとエンディングを見終わってから思いました。
人と人との繋がり、人とそれ以外の生き物との繋がり、生きていない物にも宿る何か、目には見えない存在、そして何より『人』という生き物の自分勝手さ。
宗教的な考えのものを信じる・信じないは人それぞれの価値観の違いがあるので一概には言えませんが、それでもこのゲームで「神」という存在を操作して世界を見ていたら自ずと少しは信じれるはずですよね。

地球上で一番不必要な生物は「人間」だと考えているボクにとって(これって矛盾してますよね)、このゲームは上に挙げたようなことを真っ向から突きつけられた感じで、色々と考えさせられました。
でも、人間も捨てたもんじゃないです!!!最後の戦いの途中にあるムービーでそう痛感しました。涙しました。神も、人間も、他の生物も他のチカラがあってこその命なんですよね。
人は一人で生きていないし、人はヒトだけでは生きていけないんです。

今の時代だからこそ忘れてはいけないいろいろなものを再認識させてくれた大神に大大大感謝!!

この素晴らしい作品を創り上げてくださったCLOVERSTUDIOのスタッフ方々は既に解散されていたんです。遅かった。
皮肉です…何故こんなにも優秀な作品を創る方々が上の意向で解散せざるをえないのか。
名作、傑作、秀作、神ゲー…なんでも構いません。全て当てはまります、この作品。
昨今の日本のゲームはテーマ性に欠け、大人も子供も引き込まれるものは激減しています。
グラフィックの誇張とか新規顧客を狙うあまり、物作りの心を失ってる気がします。または続編物にすがるばかりで…。
ガッカリした矢先、様々なゲームを模索し、辿りついたのが「大神」でした。
スタッフの愛情をふつふつと感じます。素晴らしい「和」を眩しく照らし出し、胸の奥に忘れかけていた日本のわびさびを思い出させてくれました。
テーマは「すべての命は、蘇る。」
日本のメディア芸術100選の自由記入欄に堂々一位に選ばれただけはあります。

★大神 PlayStation 2 the Bestはこちら★
 
下記の情報も見てね♪

こちらにもためになるブログがたくさんあります。人気blogランキングへ

  
トップに戻る(新作ゲーム/人気ゲーム商品参考サイト)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。