ds:英語が苦手な大人のDSトレーニング もっとえいご漬け

英語が苦手な大人のDSトレーニング もっとえいご漬け最初は間違えても全然かまわないと思います。
単なるテストではなくトレーニングなので、間違えたところは繰り返して定着させればいいのですから。
英単語は誤認識、適当に書けば当たる場合がありますが、それも復習して最終的に自信を持って書けるようにすればよいこと。
要はユーザーの気持ちと使いようかと思います。
もちろんこれだけでは話せるようにならないと思いますが
1つの方法として口まねする、実際に書く、継続する、など効果的な要素がDSの機能を上手く生かして可能ですし、
なにより本やノート、音源をセットせず手軽にできるのがいいと思います。
気が乗らない時、時間がない時でも(とりあえず5題、今日のハンコだけ押すぞ)と頑張れます。


<メーカーより>
「生きた英語」で実践に強くなる。「聴く×書く=身につく」英語トレーニング第2弾。

シリーズ2作目となる「もっとえいご漬け」では、前作の「えいご漬け」をトレーニング中の方や、日常生活ですぐに役立つ英語を身につけたい方に向けて新しいトレーニングメニューを収録。
今回のトレーニングでは、電話の受け答え、駅のアナウンス、TVのニュース、さらには友達同士、客と店員、上司と部下の会話など日常会話で遭遇する様々な場面や状況での"生きた英語"をディクテーション。普通に話されるだけでなく、人物の喜怒哀楽が口調に表れていたり、交通量の多い通りや受話器越しの会話シーンでは環境音(車の騒音やノイズなど)が含まれるなど、臨場感のある実践的なトレーニングが可能。

・映画や歌、なまりのある英語にも挑戦
トレーニングのレベルは全部で7段階。自分にあったレベルから始められます。トレーニングの仕上げとして、映画のワンシーンや曲の歌詞のディクテーションにも挑戦できます。

・発音練習と英語力判定
トレーニングに収録されている約1900の英文全てについていてマイクに向かって発音練習ができます。DSが発音を採点してくれるので、楽しみながらスピーキングを鍛えられます。英語力判定は、聞き取り能力だけでなく、内容を理解する力もテストされるので、前作よりも英語力を総合的に判定できるようになりました。

・前作の機能、特長、操作性はそのままに
前作「えいご漬け」の機能、特長、操作性はそのまま継承。

新作ゲームのレア情報を見るならこちら

ゲーム情報こちらも注目♪
 
こちらにもためになるブログがたくさんあります。人気blogランキングへ  


トップに戻る(新作ゲーム/人気ゲーム商品参考サイト)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。