xbox360:トラスティベル ~ショパンの夢~ 特典 スペシャルサウンドトラックDVD付き

gXeBx.jpggXeBx1.jpggXeBx2.jpg            1849 年10 月 16 日深夜、パリの中心部にあるヴァンドーム広場 12 番地のアパルトマンでピアノの詩人と呼ばれた音楽家"ショパン"は病の床に伏せながら、最期の夢をみる。

ショパンの意識は現実世界を離れ、おとぎ話に聞くような不思議な世界に足を踏み下ろした。そこでは現実世界と同じように、人々がありふれた日常を様々な感情を抱きながら、当たり前のように生きていた。

唯ひとつ違ったことは、夢の世界において不治の病に侵された者は、その副作用として魔法の力が宿ること。現実世界で病床にあるショパンもまた、魔法を使うことができた。夢の中でも、彼の体は病に蝕まれていたのだ。その皮肉もあって、ショパンは夢の世界を客観的に捉えていた。ここにあるものすべては、自分が作り出した幻に過ぎないのだと…

だが、病に侵されながらも運命を受け入れ、懸命に生きようとするひとりの少女"ポルカ"がショパンの考えを少しずつ変化させて行く。誰もが心の中に持つとされ、綺麗な信じる心を反映して輝く「トラスティ」という宝石。この「トラスティ」の輝きが強すぎるため、少女はさらに過酷な運命へと誘われてゆくことになる。そんな運命に抗い、必死で彼女を救おうとする少年"アレグレット"。運命に従う少女と逆らう少年、そして夢と現実。

相反する 2 つの事象が絡み合うとき、運命の歯車は静かに逆転を始める――

<バトルシステムについて>
 タイムシェアード リアルタイムバトルシステム
本作の戦闘はターン制とリアルタイムを融合した、「タイムシェアード リアルタイムバトルシステム」を採用。最大 3キャラクターまでが参加できるチームバトルになります。ターンが回ってきた(アクティブ状態にある)キャラクタープレイヤーが操作でき、一定時間バトルフィールド内を自由に行動できます。このように自由且つ戦略的に行われる戦闘は、わかりやすく、爽快感溢れるシーンを演出します。

 光と闇の必殺技 本作のキーとなっている"光"と"闇"は戦闘においても重要な要素。必殺技には光と闇の技があり、技発動時のキャラクターの立ち位置が日向か日影かにより決定します。必殺技は1ボタンで簡単に出せるので、リアルタイムバトルの爽快感は残しつつ、フルリアルタイムバトルよりも初心者に優しいシステムです。

<モンスターモーフィングシステムについて>
"光"と"闇"の要素が影響するのは、プレイヤーキャラだけではありません。「モンスターモーフィング」システムにより、敵キャラも立ち位置が日向か日影かによって外見はもちろんのこと、強さや名前、必殺技なども全く違う敵に変化します。

<コレクション要素について>
 スコアピース
ゲームを進めていくと、様々な場所でスコアピース(楽譜のかけら)を手に入れることがあります。このスコアピースを集めていくと、街の人たちとセッション(ミニ演奏会)をすることができ、セッションが上手く成立すると、演奏の評価によってレアアイテムを入手できます。

 エネミーフォト
戦闘中、ビートは必殺技の「ビビットショット」で敵の写真を撮ることができます。撮った写真は戦闘終了後にメニューで閲覧でき、出来によって自動的に評価が付きます。また、撮った写真はお店で売ることができ、高い評価の写真ほど、高値で売れます。


 <製品概要>
 豪華キャストが目白押しです。
・ スターオーシャン 3 やヴァルキリープロファイル 2 でサウンドを担当し、「バテン・カイトス」シリーズでは株式会社モノリスソフトと共同開発を行った株式会社トライクレッシェンドが開発。
・ 演出のキーとなる、ショパンの楽曲のピアノ演奏は世界的ピアニスト、スタニスラフ・ブーニン氏が奏でる!
・ サウンドは「テイルズ オブ」シリーズでもお馴染みの桜庭統氏。
・ ナレーションは映画やCMのナレーションでお馴染みの森本レオ氏!

 重厚かつ壮大な物語
歴史上、実在した人物の夢の世界を舞台に繰り広げられる、人間の"命"そのもの に焦点をあてたストーリー。

 緻密かつ臨場感に溢れる、美麗ハイビジョン映像
トライクレッシェンドが描き下ろす、幻想的でファンタジックな世界や魅力あふれるキャラクターをリアリティを保ちつつ、緻密なハイビジョン映像として表現。次世代機だからこそ出来る美しい映像をご堪能下さい。
 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。