バイオハザード4 傑作アクションをWii操作で体感



oCInU[hS.bmp 
CESAゲームアワード優秀賞など数々の賞を受賞した傑作ホラーアクションが、Wiiで一新。Wiiリモコンとヌンチャクで、襲いかかる敵を打て!
 ラクーンシティでの惨劇から6年、警察官から敏腕エージェントになっていた主人公のレオンは、大統領の娘、アシュリー誘拐事件捜査のため、ヨーロッパの山奥にある寒村を訪れる。聞き込みをしようとするレオンだったが、村人たちは手にカマなどの武器を持ってレオンに襲いかかってくるのだった。
 それまでのシリーズと異なり、後ろからレオンを見る「ビハインドカメラ」にプレーヤーの視点を変更し、臨場感やアクション性を高めた。また、敵が多人数で襲ってくるようになったので、よりスリリングな戦いが楽しめる。さらに、イベント中に突然、操作を要求されることがあるなど気が抜けない演出も満載だ。
 Wii版最大の特徴は、リモコンとヌンチャクを使ったざん新な操作方法。ヌンチャクのコントロールスティックで移動、ハンドガンなどの銃器で攻撃するにはリモコンのBボタンで構えて、リモコンを動かして画面上のポインターをターゲットに合わせ、Aボタンでショットする。弾丸をリロードするにはBボタンを押したままリモコンを振ればよい。武器を構えていない時にリモコンを振ると、近くの箱や敵などをナイフで自動的に攻撃する。
 また、イベント中のコントローラー操作もWiiならではのものに変更されている。クランクを回して先へ進むイベントでは、リモコンをぐるぐる回したり、迫り来るレーザーを避けるシーンでは、実際に体で避けるようにリモコンを大きく移動させたりと、まるで自分がレオンとなって、ゲームの中にいるような感覚を味わえる。
 本編クリア後は、コスチュームや武器が増えるほか、謎の美人エージェント・エイダが主役の追加シナリオも楽しめるなどやり込み要素も十分。値段も手ごろで、ゲームキューブ版やPS2版を遊んだユーザーも、Wiiで生まれ変わった「バイオ4」を体験してほしい。
バイオハザード4(Wii) 1人用 CEROレーティングD(17歳以上対象) カプコン 5040円 07年5月31日発売
バイオハザード4公式サイトはこちら 



動画バイオハザード4をMyTubeで見る

oCInU[hS.bmp

こちらにもためになるブログがたくさんあります。人気blogランキングへ


トップに戻る(新作ゲーム/人気ゲーム商品参考サイト)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。