ゲームニュース:トラスティベル〜ショパンの夢〜 ブーニンら豪華キャストで描く“ピアノの詩人”

“ピアノの詩人”と呼ばれた作曲家、
ショパンの夢の世界を描いたRPGがXbox360に登場した。
 新機軸のゲームシステムと幻想的で温かみのあるグラフィックがプレーヤーを夢の世界へといざなう。

 1849年10月16日、音楽家のショパンは、死の床で最後の夢を見ていた。
そんな夢の世界でショパンは不治の病に侵された少女「ポルカ」と出会う。運命を受け入れ懸命に生きようとするポルカと、
 運命にあらがい必死でポルカを助けようとする少年「アレグレット」の姿がショパンの心に変化をもたらしていく……というストーリー。

 特徴の一つが独自の戦闘システムだ。
ターン制とリアルタイム制を融合させ、ターンが回ってきたキャラクターを一定時間自由に操作できる新システムを採用。ゲームを進めていくと、
 キャラクターのレベルとは別に設定された「パーティークラス」がレベルアップし、
 強力な技が使えるようになり、移動速度が上がるなどする。

 一方、キャラクターの行動を考える時間が短くなるなど戦闘のルールも高度になってくる。

 バトルフィールドには日なたと日陰があり、敵味方双方が影響を受け、キャラクターが必殺技を出す位置によって技が変わる。ポルカの場合、足元の明るい日なたでは、光の回復魔法「オレンジキュア」、
 日陰では闇の必殺技「シェイドコメット」が使え、それぞれ効果が異なる。また、敵モンスターの姿もフィールドの位置によって姿や強さが変わり、日なたでは木の実のような可愛い姿のモンスター「ベリーベリーエンプティ」だが、
 一度日陰に移動すると巨大な「グレートココナッツ」に変身。能力も上がるので、自分と敵の位置取りを考えながら戦う必要がある。

 淡い色使いで表現されたグラフィックは、リアル志向のゲームが多いXbox360にあって独特の雰囲気を醸し出しており、
 まるで絵本の世界をそのままゲームにしたようだ。ナレーションは俳優の森本レオさん、
 ゲーム中に流れるショパンの楽曲演奏は世界的ピアニストのスタニスラフ・ブーニンさん、「涼宮ハルヒ」「デスノート」などで人気の平野綾さんら人気声優が出演するなど実力派ぞろいで、切なく幻想的なショパンの世界が描かれている。


トラスティベル〜ショパンの夢〜(Xbox360) 1人用 CEROレーティングA(全年齢対象) バンダイナムコゲームス 7329円 6月14日発売

こちらもゲーム情報あるよ♪

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: トラスティベル_ショパンの夢『トラスティベル ショパンの夢』(Trusty Bell、英語|英題:Eternal Sonata)は、バンダイナムコゲームスから発売予定のXbox 360用コンピュータR..
Weblog: ゲーム情報局
Tracked: 2007-07-28 12:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。