ゲームニュース:開発陣に質問状:トラスティベル 「ブーニンの演奏に感銘」

 クリエーターらがゲームに込めた思いを聞く「開発陣に質問状」。今週は、ピアノの“詩人”ショパンを題材にしたRPG「トラスティベル」(Xbox360用)です。
 バンダイナムコゲームスの野口伸二制作プロデューサーに話を聞きました。(回答はほぼ原文のまま掲載)


ーーゲームのセールスポイントは?

 幻想的な世界を表現するために、グラフィックを描きこんでいます。色彩設計にも気を配って、絵本の中にいるような感じに仕上げました。ハイビジョンテレビで見ていただけると、これぞ新型ゲーム機ということを実感していただけると思います。それから、スタニフラフ・ブーニンさんによるピアノ演奏を始め、サウンド面にも力を注いでいますし、簡単で飽きの来ないゲームシステムですから、広いユーザー層の方々に楽しんでもらえると思います。
ーー開発の経緯は?
 開発会社のトライクレッシェンドさんから提案を受け、ディレクターで、シナリオ担当の初芝さんがショパンコンクールでの演奏に感銘を受けたのが、そもそものきっかけです。ショパンという実在の人物をゲームの世界に登場させるという話は斬新で興味深かったので、このプロジェクトを始めることにしました。


 ーー開発に関する苦労話、面白エピソードを教えてください。

 このゲームのためにブーニンさんに来日してもらい、ピアノ演奏を収録しました。私をはじめゲーム開発スタッフはひどく緊張していましたが、ブーニンさんの誠実で真しな音楽に対する姿勢に感銘を受けました。我々が素晴らしいと思っても、自身が納得するまで何度も演奏して下さったのが印象に残っています。
ーーユーザーへのメッセージを。

 
 しばらくゲームをやっていなかった、という方でも楽しんでいただけると思います。新型ゲーム機による美しい映像と音楽、そしていままでのゲームとは少し異なる独自の世界を味わってみていただければ幸いです。

株式会社バンダイナムコゲームス コンテンツ制作本部 第6制作ユニット 制作プロデューサー 野口伸二
 トラスティベルの詳細は、左の画像をクリック。

こちらにもためになるブログがたくさんあります。人気blogランキングへ  

動画付き新作ゲームのレア情報をチェック

トップに戻る(新作ゲーム/人気ゲーム商品参考サイト)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。