セカンドライフ:利用者900万人・ネット上の架空都市 「遊び」通し商品宣伝

セカンドライフ−−。
定年退職後の「第二の人生」の意味で使われてきたが、最近話題のセカンドライフは、
 インターネット上だけに存在する架空の都市を指す。画面上に立体的に映し出される仮想空間の中に自分の“化身”を置き、買い物をさせたり、

 大学の講座に出たり……。
城のような豪邸を買うなど現実世界では味わえない体験もゲーム感覚で楽しめることから“住民数”(口座登録数)は世界で900万人を突破し、

 その「集客力」に着目した企業が相次ぎ仮想店舗をオープンしている。セカンドライフをのぞいてみた。【赤間清広、森有正、ワシントン和田浩明】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54936792

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。